乳腺とは

ベルタプエラリア

胸が小さいことをコンプレックスに考えており、理想のバストを手に入れたいという人も多いでしょう。

 

ちなみに、胸の大きさは乳腺の量によって変わってくるため、バストアップには乳腺を発達させることが重要です。

 

乳腺とは胸の中にある組織のことであり、母乳の分泌や運搬などを行っています。妊娠や出産、授乳期などの時期はこの組織の働きが活発になるため、胸が大きくなるということです。

 

胸を大きくする方法にはいろいろなものがあります。

 

しかし、どんな方法を実践しても乳腺が発達していないとあまり効果を期待できないということです。胸は90%の脂肪と10%の乳腺によって構成されており、土台となっているのは大胸筋です。

 

脂肪の下にある乳腺が胸を大きくするために重要なポイントであり、この組織と繋がっている乳腺葉も重要です。

 

乳腺葉が発達すると脂肪組織が乳腺を守るため、胸が大きくなるという仕組みです。

 

胸を大きくしてその状態を維持したいという場合、脂肪ではなく乳腺を発達させた方が良いと言えるでしょう。

 

バストアップのためにはバランスのとれた食生活や適度な運動、マッサージなどが効果的と言われています。また、サプリメントで栄養素を補うのも良いでしょう。

乳腺とバストの関係

バストアップのために脂肪をつけようとする人も多いでしょう。

 

しかし、ただ脂肪をつけただけではバストアップに繋がらないので注意しましょう。

 

胸の大きさは脂肪の量ではなく乳腺の量で変わると言われています。

 

乳腺は母乳を出すための器官なのですが、乳腺が増えれば脂肪も増えるため、結果として胸を大きくすることに繋がるのです。

 

乳腺は10代の頃に主に発達するのですが、20代以上の人でもサイズアップするという人はいますし、年齢に関係なく発達すると考えられるでしょう。女性ホルモンは女性にとって大切なホルモンであり、その働きが活性化すると健康や美容に良い効果が期待できます。

 

胸の発達においても女性ホルモンがポイントであり、女性ホルモンの分泌を増やす方法を知っておくと良いでしょう。

 

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという2つの種類がありますが、この2つは同時に増やすことが大切です。

 

バストアップのためにエストロゲンとプロゲステロンを増やしたい場合、生活習慣が重要となります。大豆イソフラボンがバストアップに効果的であると聞いたことのある人もいるでしょう。

 

効率よくエストロゲンを増やすために大豆イソフラボンを摂取するのがおすすめです。

乳腺と女性ホルモンの関係

乳腺と女性ホルモンの関係を知りたいという人も多いでしょう。

 

ホルモンバランスが乱れると病気になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

女性ホルモンとは妊娠と出産のために分泌されるホルモンのことであり、エストロゲンとプロゲステロンという2つの種類があるため、それぞれの特徴を知っておくと良いでしょう。

 

  • エストロゲン
  • エストロゲンは生理の終盤から排卵前にかけて多く分泌される女性ホルモンであり、女性らしい体を作る働きや子宮内膜を厚くして妊娠に備える働き、皮膚や骨を丈夫にする働きなどがあります。

  • プロゲステロン
  • プロゲステロンは排卵後から次の生理までの時期に多く分泌される女性ホルモンであり、子宮内膜を整えて受精卵が着床しやすい状態にするという役割があり、それによって妊娠が継続できるようにしているということです。

 

乳腺は出産時に母乳を作って分泌をする組織であり、乳房の内側は15〜20個ほどの乳腺葉で形成されています。乳腺の発達には女性ホルモンの働きが深く関わっており、女性ホルモンは思春期を迎えると卵巣から分泌される量が急増します。それによって胸が膨らむという仕組みです。

 

妊娠をして胎盤が形成されると女性ホルモンが大量に分泌されるため、その時に乳腺は著しく成長して完成するということです。

乳腺を発達させる7つの方法

胸を大きくすると言われている食品を積極的に摂取する

胸を成長させるためには女性ホルモンの分泌を促す必要があります。大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしてくれると言われており、納豆や味噌などといった大豆食品を積極的に摂取すると良いでしょう。

 

睡眠をしっかり取る
ということです。美容のためには睡眠が大切と言われていますが、胸のためにも非常に大切です。しっかり睡眠を取ることで胸の成長に良いとされる成長ホルモンや女性ホルモンの分泌量を増やすと言われているのです。

 

クリームを塗ってマッサージをする

ちなみに、クリームを塗るだけで胸の脂肪を増やすことはできないため、一緒にマッサージをした方が良いでしょう。

 

矯正下着を身に着ける

矯正下着を日常的に身に着けることにより、胸から脂肪が流れて移動することを防ぐことができますし、流れてしまった脂肪を正しい位置に戻すこともできます。

 

鍼灸の施術を受ける

プロのスタッフが最適なケアを行ってくれます。

 

サプリメントを利用する

効果的な成分を知っておくと良いでしょう。胸を大きくするサプリで代表的なのが、プエラリア・ミリフィカです。特にベルタプエラリアに関しては原産国のタイが最高級と認めている品質のプエラリア・ミリフィカを使用しており、用法を守って摂取すれば効率的にバストアップに繋げることができます。

 

こちらのページでベルタプエラリアの体験談などをご紹介していますのでどうぞご参考にしてください。

 

手術を受ける

こちらは、確実にバストアップできる方法ですが高額な費用と、リスクが伴うので一般人には現実的ではありません。

関連ページ

ツボ押しでバストアップが?でもよくわからない・・・って方に
バストアップのためのツボ押しという方法があります。生まれつきのものだからと諦めるのではなく、女性ホルモンの分泌を促すことで、効果的に胸を大きくすることができます。
バストケアと同時に知っておきたい乳がん対策
近年食生活の欧米化により、女性の乳がんは増加傾向にあるので、予防対策としては暴飲暴食に気を付けるようにしてください。バストケアのためにマッサージを毎日行うと、しこりがあったときに気付きやすくなります。
きなこ牛乳はバストアップに本当に効くの?
バストアップ法としてきなこ牛乳が流行っています。でも、きなこ牛乳なんかで胸が大きくなるのなら苦労しないわ!なんて思ってしまうのがふつうですよね。こちらではきなこ牛乳はバストアップに効果があるのかを検証しています。
肩回し運動って本当に効くの?
肩回し運動がバストアップに良いと話題になりました。実際に聞いただけでよくわからず肩を回しているだけの人はいませんか?こちらでは肩回し運動がバストアップに良い根拠についてご紹介しています。
バストアップサプリは危険!?
バストアップサプリは危険と警鐘を鳴らす人がいます。実際に副作用を訴える人もいますので安全ですとは言えませんがあることを守るとその危険性はぐんと減ります。こちらではバストアップサプリの危険性についてご紹介しています。
産後のバストにプエラリアっていいの?
産後のバストにプエラリアサプリを飲むことで垂れてしまった胸は上向きになってくれるのか?こちらでご紹介します。