きなこ牛乳はバストアップに効くのか?

きなこ牛乳はバストアップに効くのか?

 

バストアップに効果的な食物や水ものの注目は、昔から絶えることなく広がっていますよね。事象に初々しいところでいえば、昨年Facebookで盛り上がった「きなこ牛乳」。

 

牛乳ときなこ、それぞれに豊富に含まれるタンパク質とイソフラボンがミルク伸びに有効に作用するとして、レシピや評価投稿が大勢見られました。

 

イソフラボンはミルク伸びに働く女子ホルモンのひとつ、エストロゲンと似た化学組み立てを持っています。そのため、きなこ牛乳はエストロゲン使い道による乳腺への扇動で、ミルク伸び効能を得られる見通しはたしかにあります。

 

ただし、本当はイソフラボンは能力により、エストロゲン使い道が得られる場合と、抗エストロゲン使い道が現れるときの2パターンがあるといわれています。つまり、抗エストロゲン使い道が起こった実例、ミルクアップするどころか小さくなってしまうことも考えられるのです。

 

安全は? イソフラボンと乳がんの動機

 

このイソフラボンのエストロゲンの2つの使い道には、いまいち気になる種目があります。それが、乳がんとの動機です。

 

エストロゲン使い道が出た実例、乳腺が扇動わたることで乳がんの恐れが上がる見通しが気になる辺り。しかし、抗エストロゲン作用では、逆に乳がんの発症恐れを減少させるという記事が多くあがっています。

 

私も参入する国内乳癌学会のアドバイスもその点に触れられていますが、現時点では料理で得られる程度のイソフラボンで乳がん発症の高まりは確認されておらず、取り敢えず問題ないと言えるでしょう。

 

しかし、高能力のイソフラボン服薬が可能な栄養剤の場合、その安全については証明されていません。このことから、厚生労働省は通常の食品での能力から判断して、イソフラボンサプリメントの服用は、1日30mg以下にとどめることを推奨しています。

 

「牛乳を呑み過ぎると乳がんになる」の真実を検証

 

乳がんといえば、昔から語られているのが、「牛乳が乳がんの恐れを上げる」というものです。この嘘を取り扱う多くの書き物では、女子ホルモンや養成因子の一種のIGF-1を根拠としてあげています。

 

これらの原料を多く盛り込む牛乳は、乳腺細胞の解体・増殖を刺激するのと同様に、乳がん細胞の解体・増殖を刺激するという見識です。

 

ただし、こちらも乳癌学会のアドバイスによると、乳製品全て若しくは牛乳の服薬が、乳がん発症の恐れを増加させるという記事はありません。脂肪分を手広く取り入れる乳製品が乳がんの発症恐れを高めるという記事はありますが、牛乳の服薬と乳がん発症恐れを検討した12の調査のうち3目的は、逆に乳がん発症恐れのダウンを認めています。

関連ページ

乳腺を発達させる方法
バストを大きくする方法といってもいろいろありますが、まずは乳腺を発達させることが大切です。自宅で気軽にできるケアなどもありますし、手術の前にいろいろ試してみると良いでしょう。
ツボ押しでバストアップが?でもよくわからない・・・って方に
バストアップのためのツボ押しという方法があります。生まれつきのものだからと諦めるのではなく、女性ホルモンの分泌を促すことで、効果的に胸を大きくすることができます。
バストケアと同時に知っておきたい乳がん対策
近年食生活の欧米化により、女性の乳がんは増加傾向にあるので、予防対策としては暴飲暴食に気を付けるようにしてください。バストケアのためにマッサージを毎日行うと、しこりがあったときに気付きやすくなります。
肩回し運動って本当に効くの?
肩回し運動がバストアップに良いと話題になりました。実際に聞いただけでよくわからず肩を回しているだけの人はいませんか?こちらでは肩回し運動がバストアップに良い根拠についてご紹介しています。
バストアップサプリは危険!?
バストアップサプリは危険と警鐘を鳴らす人がいます。実際に副作用を訴える人もいますので安全ですとは言えませんがあることを守るとその危険性はぐんと減ります。こちらではバストアップサプリの危険性についてご紹介しています。
産後のバストにプエラリアっていいの?
産後のバストにプエラリアサプリを飲むことで垂れてしまった胸は上向きになってくれるのか?こちらでご紹介します。